検索

家庭科 製菓理論 研究授業

更新日:2020年11月12日

10月19日 製菓実習室にて製菓理論の研究授業が行われました。担当は、梶原先生です。テーマは、凝固剤についてです。寒天・ゼラチン・カラギーナン(アガー)についてその性質と透明度や硬さの違い、食感について実際に確認しながら学習を進めました。また、パイナップルを加えたときにもどうなるかについて確認しました。





230回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

昭和学園高校と浮羽中・吉井中とのコラボ給食

来月、本校の「みりょく発信プロジェクト」の一環として、浮羽中学校と吉井中学校と昭和学園高校の調理科生徒とのコラボ給食を実施いたします。本校調理科から選ばれた2名の考案した献立を、浮羽中学校は令和3年12月1日(水)、吉井中学校は令和3年12月3日(金)にそれぞれ食べていただくことになりました。当日は献立立案者に加え、実際に調理する生徒も現地に赴き、各中学校の生徒の皆さんに献立の説明をし、召し上がっ