検索

看護専攻科学生参加 日田市合同防災訓練

更新日:2020年12月24日

12月6日 日田市主催で合同防災訓練が行われました。この日、7:30最大震度6強の地震が起こり、日田市中心部は住宅火災が多発し、山間部では大規模な山腹崩壊が起こっているという設定でした。当日8:30に市役所にて「災害対策本部会議」から始まり、介護老人保健施設センテナリアン(地震により天井が落下し通所者が怪我)と河津建設資材置場(車2台が土砂により埋没)、高瀬小学校(避難所)に分かれて訓練が行われました。看護専攻科の学生も負傷者役として参加しました。日田消防署の救急隊員は、昭和学園高校普通科卒業生。済生会病院DMATの看護師も昭和学園看護専攻科卒業生でした。


















179回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

昭和学園高校と浮羽中・吉井中とのコラボ給食

来月、本校の「みりょく発信プロジェクト」の一環として、浮羽中学校と吉井中学校と昭和学園高校の調理科生徒とのコラボ給食を実施いたします。本校調理科から選ばれた2名の考案した献立を、浮羽中学校は令和3年12月1日(水)、吉井中学校は令和3年12月3日(金)にそれぞれ食べていただくことになりました。当日は献立立案者に加え、実際に調理する生徒も現地に赴き、各中学校の生徒の皆さんに献立の説明をし、召し上がっ