検索

校父母祭法要

令和4年10月28日(金)、本校創立者の岩尾昭太郎先生の祥月命日にあたり、校父母祭法要を勤修いたしました。本校の建学の精神を確かめる行事であり、学園関係者の追弔会も行います。新型コロナウイルス感染症対策の徹底の下、3年ぶりに全校生徒が体育館に集合し、厳粛な雰囲気の中執り行われました。勤行・焼香の後に、長崎市にある正林寺住職の松林大師により「人間とはどのような存在か」と題した講演を拝聴しました。生徒にもわかりやすく人間とは、というテーマについてお話しいただきました。生徒・教職員一同気持ちを新たにできた校父母祭法要となりました。




























































































































閲覧数:192回0件のコメント

最新記事

すべて表示